【アキバセンジャー・セーラーヌルーン】洗体リフレの比較!セットコースの名称が非常に似ている件!?

今回は、リフレ店のメニューの比較をしようと思います。

テーマは、洗体リフレのセットコースです。


秋葉原で営業中のリフレ店「アキバセンジャー」について、当サイトで何回か紹介してきました。

アキバセンジャーの売りは、なんといっても洗体コースです。セットコースもあって、お得に利用することができるのですよ。当サイトでもアキバセンジャーを何回か取り上げましたから、多くの方がご存知のことと思います。

さて、一方、大阪にも洗体コースを売りにしたリフレ店がございましてね…

「美少女洗体 セーラーヌルーン」

こちらもセットコースが設定されていて、お得に利用することができます。

さて、この2店舗は系列店関係ではない(*1)のにもかかわらず、セットコースの名称が非常に似通っておりますww

今回はセットコースの比較という観点から記事にしました。

(*1)セーラーヌルーンの系列店は監獄女学園ぱふぉろま等であり、セーラーヌルーンと同じビルに入っています。


【アキバセンジャー】
まず、通常コースは以下のとおりです。

・洗体コース 30分 6,000円
・添い寝コース 30分 3,000円
・リフレコース 30分 3,500円
・アロマコース 30分 5,000円

これがセットコースになると、お得になります。セットコースの名称と内容、料金は以下の通りです。

・センジャーストーム
アロマ30分⇒洗体30分⇒リフレ30分⇒添い寝30分 16,000円

・センジャーハリケーン
アロマ30分⇒洗体30分 10,000円

・センジャーサークル
アロマ60分⇒添い寝30分 12,000円

・センジャーチャージ
リフレ30分⇒添い寝30分 6,000円

・センジャーマシーン
洗体60分⇒添い寝30分 16,000円

Sourceお店の公式サイトの料金システム

※全コースとも、指名料は30分ごとに500円かかりますが、前日までに電話予約した場合には指名料が無料になります。

※本会員証を持っていると、割引が適用されて、さらにお得に利用することができます。
総額10,000円以下…コース料金総額から500円引き
総額10,001円~20,000円…コース料金総額から1,000円引き
総額20,001円以上…コース料金総額から1,500円引き


一方、セーラーヌルーンのセットコースの名称と内容、料金は以下のとおりです。

【セーラーヌルーン】
・セーラーサイクロン
洗体30分⇒リフレ30分⇒添い寝30分 15,000円

・セーラーパーフェクト
アロマ30分⇒洗体30分⇒リフレ30分⇒添い寝30分 18,000円

・セーラーハリケーン
アロマ30分⇒リフレ30分 10,000円

・セーラーアタック
洗体30分⇒リフレ30分 10,000円

Sourceお店の公式サイトのメニュー表店頭にて配られたビラ(*2)

※全コースとも、指名料は無料です。

(*2)ビラはこちら
img_1187


皆さんも2店舗のセットコースを見比べてみてください。コースの名前、ちょっと似すぎじゃないでしょうか!ってか、こころなしか、フォントの雰囲気まで似ている気がするのですが。誰がデザインしたのでしょうかwwwww

アキバセンジャーのオープン日は2013年8月7日、一方でセーラーヌルーンのオープン日は2015年9月5日です。よって、

先にセットコースのサービスを開始したのはアキバセンジャーですからね。
先にセットコースのサービスを開始したのはアキバセンジャーですからね。

大事なことなので2回言いました。

いやしかし。これ謎すぎるだろwwww

インスパイアされちゃったんですかねー?

しかも、センジャーハリケーンアロマ30分⇒洗体30分であるのに対して、セーラーハリケーンアロマ30分⇒リフレ30分という違いがあるわけですよ。

紛らわしいわwwwwwww

ちなみに、料金はアキバセンジャーの方が安いですよね。もともとのセットコース料金も安いですけど、本会員証を使用すればもっと安くなるわけですから。


【洗体サービスの違い】
さて、アキバセンジャーセーラーヌルーンは、いずれも「洗体」というサービスを提供していますが、サービスの受け方が微妙に異なるため、こちらも説明しておきます。

アキバセンジャーの洗体】
店舗内に、専用の洗体ルームが用意されています。機能的にはシャワールームですが、一般的なシャワールームよりもスペースが広くなっています。洗体ルームの中には簡易ベッドのような台(診療台みたいな感じ)が置かれており、リフレ客は台の上に寝転がってサービスを受けます。隊員さんに泡のようなボディソープ(?)で全身を洗ってもらい、終了時にはそのままシャワーで全身を流してもらいます。

セーラーヌルーンの洗体】
そもそも、「洗体」と「個室洗体」という2種類の洗体が用意されています。上に記載したセットコースに含まれるのは、いずれも「洗体」です。

・「洗体」⇒シャワールームではなく、通常のリフレ用の半個室でサービスを受けます。マットレスの上にタオルを何枚か敷いたうえで、女の子に全身に泡のようなボディソープ(?)を塗られていきます。終了後にはタオルで泡を拭き取って、シャワー室に移動して全身を洗い流します。

・「個室洗体」⇒通常のリフレ用の個室ではなく、シャワールームでサービスを受けます。シャワールームでは女の子が水着姿で密着してサービスをしてくれるようです。

セーラーヌルーンのシャワールームのスペースの制約上、リフレ客が横になることが難しいため、このような2種類のサービスが存在する状況になっているものと思われます。なお、「個室洗体」「洗体」よりも高額であり、個室洗体60分コースが20,000円、個室洗体80分コースが24,000円です。

Sourceお店の公式サイトのメニュー表

個室洗体…ずいぶんといいお値段しますねー(棒読み)

あと、オプション表は諸事情(*3)によりお店の方針で非公開であり、オプション内容は店内に細かく記載されているのですが、これまたいいお値段がするのですよ。色々としようとすると、とにかくお金がかかります。

(´Д`)

ちなみに、セーラーヌルーンは入店後、荷物を店内のロッカーに預けたうえで、さらに金属探知機による検査を受けることになっています。盗撮対策だと思います。渋谷ギャラクシー並みの鉄壁の防御態勢です。

アキバセンジャーの方が色々と自由な印象を受けます。


(*3)<補足>
東京のリフレ店では、たとえば「ハグ1分1,000円、添い寝30分3,000円…」といったように、正規オプション料金が細かく定まっていることが多いのに対し、大阪のリフレ店では諸事情により、正規オプションの内容を公開しないことが一般的です。まあ、一定の部分で色々とあるのですよね。

この点、大阪のリフレ店では正規オプションを細かく設定しない、もしくは設定したとしても公開しないお店が多く、以下のような対応を取っています。

1 お店のコースを「オプション無しコース」と「オプション全部込みコース」の2択のような形式にしており、具体的に何ができるかは明記されていないケース。しぇるむしゃんぐりらぷる、レニティ女学院などが該当します。大阪のリフレ店で多く採用されている方式です。

2 そもそもお店の正規オプションを一切設定しておらず、オプション的なサービスはお客さんと女の子との完全交渉制とするケース。萌えけん新大阪女子高校などが該当します。こちらも一定数見受けられます。

3 お店の正規オプションを細かく設定してはいるものの、オプション表を公開しておらず、オプション表はお店の中にしか貼られていないケース。セーラーヌルーン監獄女学園などが該当しますが、少数派である印象を受けます。

4 お店の正規オプションを細かく設定しており、かつ、オプション表を公開しているケース。マーキュリーなどが該当しますが、大阪ではやはり少数派である印象を受けます。東京ではアキバセンジャーをはじめ、多くのリフレ店で採用されている方式です。


【店舗情報1】
戦隊リフレ アキバセンジャー

東京都千代田区外神田3-7-8 DB末広町ビル1F

お店の公式サイト

お店の公式Twitter

※最新のコース内容、料金体系、オプション等は公式サイトを参照してください。


【店舗情報2】
美少女洗体 セーラーヌルーン

大阪市浪速区日本橋5丁目18-24 日本橋5ビル 7階

※2016/11/13追記:セーラーヌルーンは閉店しました。

お店の公式サイト

お店の公式Twitter

※最新のコース内容、料金体系、オプション等は公式サイトを参照してください。

この看板が目印
img_0244

すぐ隣に系列店の看板も
img_0245


以上になります。
今後ともよろしくお願いします!

リフレ店の一覧表はこちら!

みんなで癒やされ隊!
Twitterのフォローもよろしくお願いします(`・ω・´)
https://twitter.com/iyasaretai2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です