【池袋 ありんこ・どりーむたいむ】特別企画!池袋のリフレ2店舗の店長さんによる対談が実現!!

今回は特別企画をお送りします!

なんと!リフレ店の店長さん同士の対談が実現しました!

池袋東口サイドで営業中の店舗型リフレ店、ありんこ店長さんと、どりーむたいむ店長さんとの対談記事となります!!

珍しい企画となりますので、今回もお楽しみください!


――はじめに

【凡例】
あ:ありんこ店長さん
ど:どりーむたいむ店長さん

2017年2月19日
以前よりやろうという話はあったが、なかなか実現できなかった店長対談が行われた。

「では早速はじめましょうか!」

「本格的ですねww」

「やっと実現した対談なので頑張りましたww」

「よろしくお願いします!」

どりーむたいむさんの店長さんとお会いするのは4回目でしょうか?」

「そうですね~」

「ツイッターで絡ませていただいていたし、お店の場所も近いので会いたいとは思っていたのですがなかなか行けず。年明けの挨拶で会ったのが初めてでしたよね?」

「そうですね。」

「本日はよろしくお願いいたします。」

「こちらこそ。」


――都内No.1の超健全店「どりーむたいむ」

どりーむたいむさんのお店的なコンセプトはあるんですか?」

「うちのお店は『都内で一番健全なお店』を目指すと言うのがコンセプトですね」

「確かにそうですね~。」

「なので、『エロは無いけど夢はある』って感じですかね?」

「確かに前に伺った時に、恐らくリフレ店なら当たり前にあるだろうと思われる『スクール水着』が無いと言うのに驚きました。」

「確かに驚かれていましたねww」

「普通に考えてしまうと、その状態だと売上が上がらないのでは?と思ってしまうのですが。売上が上がるようにキャストの皆さんへのアドバイスだったりはされてるんですか?」

「そうですね。どこまでがアドバイスになるのかはわかりませんが、やっぱりしていますね」

「そうなんですね。リフレのお店って歩合制のお店が殆どだと思うのですが。どりーむたいむさんって歩合だからキャストさんが稼げなくても知らん振りと言うスタンスでは無く、しっかりキャストさんとタッグを組んでやられている印象は持っていますね。

「そうですね、うちのお店の場合ですが『リフレで働くのがどりーむたいむがはじめて』
と言う子が多いんですよ。当たり前ですが『どうやって行って良いかわからない』と言う子も当然居ましたし、NGなオプションがあったりビラにも立てないという子も居たんですね。だからと言って最初から無理をさせる訳ではなく、その子に出来ることからまず始めてもらって、その中で『自分の中でやれること』をいかにして売上に繋げるかをお店と一緒に考えるようにします。場合によっては洗濯に行ってもらったりもしましたね。」

「リフレ店に出勤して洗濯ですか?ww」

「そうですねwやっぱり慣れてる子は寒い中ビラに立っているのに店の中で待機とかしていると、やっぱり良くは思われないじゃないですか?ですので洗濯だったり掃除だったりの雑用をやってもらたりしていました。」

「とても斬新ですww」

「逆にビラに出てくれる子には、しっかりお給料で還元したりしています。」

「だからどりーむたいむさんのキャストさんってお店に協力的なんですね!この前伺った時もキャストさんが率先して掃除してくれていましたよね?」

「そうですね!あとは個々に経営者的な考えを持ってもらいたいんですよ。『どうしたらお店が良くなるか?』を考えてもらいたくて。実は結構長くやってくれている子にはそういうことも教えていて、仕事と言うものをやる中で『責任』を感じながら経営者的な考え方を知ってもらって、最近入った子に対してある意味『お手本』になってもらい若い子も育てて行きたいんですよね。多分その『協力的』と見えたのはそんなやり方を続けた結果なのかな?って思いますね。」

「そうなんですね。確かにリフレのキャストさんって経営者的な考え方のほうが良いと思うんですよ。」

「そうですね。」

「でも、経営者的の考え方を教えられるのって経営者しか居ないじゃないですか?」

「そうなんですよ!!」

「どうやってお客さんに来てもらって、どうやって売上を上げていくかを教えて一緒に考えて、その結果実際に売上が上がればその子の自信につながりますし。しっかりと稼げるようになりますからね。」

「そうですね。都内No.1の超健全店でしっかりと稼げたら女の子にとっては最高なことかなって思っています。」


――エロ要素一切無しの超健全店「どりーむたいむ」の驚くべき顧客満足度

「最近は何かと注目されグレーゾーンな部分も多いリフレ業界ですが、やはりどりーむた
いむさんは超健全店としてスーパーホワイトな道を突き進んでいくんでしょうか?」

「そうですね。うちのお店のオプションで一番過激なオプションが逆リフレですからね。

「逆リフレが一番過激!?むしろリフレ業界では当たり前になっているオプションなのに!」

「やっぱりエロを求められがちなリフレ業界で、それでもやっていけるんだと言うことを証明したいですね。それに『お酒も飲めないから水商売も無理だし、風俗で働くのも厳しい。でも普通のバイトではお金が足りない。』と言う女の子の為に、うちの様なお店が受け口になってあげられたらいいなと思っていますね。」

「確かにそうですね。業界的にエロ要素を求めてくるお客様は多いですが、そう言う要素が無くてもしっかり稼げる事を証明したいですよね。」

「そうですね。」

「実際、はじめからお客さんもしっかり付いてビラ配りでもしっかり引ける子なんて少ない訳じゃないですか?そんな子にいくらアドバイスしてもお店に実績が無かったら説得力が無いですからね。」

「そうなれるように、これからも頑張っていくつもりです!」

「僕が思うのは、リフレをはじめてすぐに稼げるようになるのって10人いて1人居るか居ないかだと思うんですよ。

「それくらいですね。」

「1人は凄く稼げるけど残りの9人はそこまで稼げない状態。でもその稼げない9人の子には安易に『稼げない』と言う結論を出してしまわずに、しっかりとした考え方をアドバイスしてしっかりと稼げる状態に持って行く事がお店の役割なのかな?って思いますね。『稼げない』からエロ要素を出していく。『稼げない』から他の業種やお店に行く。そうでは無くて、しっかりと稼げるような考え方・やり方を知って実践すればちゃんと結果が出るんだと言う事を教えて行って欲しいですし、やっぱり長く生き残って行くお店ってそう言うお店なんじゃ無いですかね?」

「そうですね、当店の場合ですが2度目に来店されたお客様が3度目に来店される確率って80%を超えるんですよ。

「それは凄いですね!」

「ですので、来店していただいたお客様に満足していただけると言う事がその数字が意味する事なのかなと思っています。」

「しっかりとやればその状態が作れるんですね。でもその状態になる前に少しだけ来て来なくなってしまう子も多いのでは無いですか?」

「それは多いですね。ですので面接の時に会ってその子のどこを打ち出して行った方が良いのか見させてもらったり、お店での行動を見させてもらったりしてしてます。そしてお店側も女の子側もある程度辛抱強くやって行きたいですよね。」


――どりーむたいむ店長さんの隠れた魅力

「ちょっと話は脱線しますけど競馬がお好きと言うことですが、あまりツイッターとかでは競馬好きは出されてませんが結構お好きなんですか?」

「そうですね、うちの父親が競馬が好きで『動物園連れて行ってやる』と言われて連れて行かれてたのが競馬場でしたからww」

「(笑)」

「馬しか居ない動物園ですけどねwwww」

「では結構やられてるんですね?」

「そうですね、馬に関しての期間を言ってしまったらかなり長いですね。」

「競馬好きのお客様とかいらっしゃったりしますか?」

「結構いらっしゃいますよ!」

「僕は結構キャラを出したツイートをしてましたが、どりーむたいむさんも結構キャラを出してましたよね?」

「最近はあまり出さなくはなって来ましたが、最初の方は女の子も定着していなかったですし、まずはお店の雰囲気を知ってもらおうと言う感じのある意味『広報キャラクター』として店長のアカウントを作って張っちゃけた感じのツイートをしてましたね。」

「そういう狙いもあったんですね?」

「ですので実際に来店していただいたお客様からは『会ってみたら普通の人だね!』と言う感想をよくいただいていましたww」

「あ!僕もそれ思いました!」

「やっぱりww」

「はじめの頃はもう少し若くてテンションの高い感じの方かと思ったんですが、本当に会ってみたら落ち着いた雰囲気の紳士出て来た!って感じですww」


――超格安割引に隠された謎

どりーむたいむさんってあんまりイベント事だったり過激な割引ってあまりやらないイメージですよね?」

「そうですね。唯一やっているのが最低料金500円の割引だけで割引をしなくてもやっていける状況を作る方が大切だと思ってますし、もし500円以外の割引をやる場合は女の子全員にアナウンスしてからやります。当店では女の子が損をする形は絶対に取らないようにはしています。

「しっかりしていますね。」

「500円の割引に関しては、体入の子だったりビラ配りが出られない子が居るときにやっているので、その割引を見たら『あ、今日はビラ配りに出てこない子が居るんだなとか』『今日は体入が居るんだな』と思ってもらって良いとおもいます。」

「では、500円の割引の日は普段見られない子が居るので要チェックって感じですね!」


――今後の「どりーむたいむ」が向かう先、そしてお客様に提供したいものとは

「最後にどりーむたいむさんの最終的な理想像はどんなお店ですか?」

「最終的にですか。。。正直、現段階でも理想に近い形にまでなってきてるとは思っています。あとは分母を大きくしていくと言うか、現段階ではそこまで女の子も多い訳では無いので安定した出勤を確保してお客様に提供出来ている訳では無いので徐々に女の子も増やして行きたいと思っています。」

「なんかすぐに実現しそうですねww」

「そんな事はないですよ!!!そして女の子にとっても安全に安心して働ける状況の提供ですよね。そしてお客様にとっても『また来たい』と思っていただけるお店でありたいと思っていますね。」

「そこが一番大切ですよね。」

「そして、都内で一番の健全なお店として『都内の健全店てどこ?』と聞かれたときに一番初めに名前が出るようなお店でありたいとおもいますね。

「では、安全にリフレで働きたい子はまずどりーむたいむさんへって感じですね!」

「そうですね。」

「お客様の方もエロ要素が無くても2度目に来店されたお客様のうち80%が3度目も来店される満足度を味わっていただいて、今まで経験したこと無いようなリフレの楽しみ方を体験していただけたらいいですね。」

「そうですね。是非ご来店お待ちしております。」

今回の対談を終えて一番驚かされたのは、極限までエロ要素を取り払ったお店で、かなりの高い顧客満足度をたたき出しているところ。実際にどんな事を教え実践してるのかは企業秘密だと思うので深くは聞かなかったが、とてもすばらしいサービスの提供を実現しているのは想像できる。そこは是非ともそこはお客様自身で体験していただきたいと思う。

それに、話をすると意外にお茶目な部分を見せてくれる店長さんも、お店のもう一つの魅力である。是非その部分にも注目していただけたら、新しい楽しみも増えるのではないでしょうか?


【店舗情報1】
学園系リフレ どりーむたいむ

東京都豊島区東池袋1-27-5 関口ビル4F


公式アメブロ

お店の公式Twitter

店長さんの公式Twitter

もえなび


【店舗情報2】
制服リフレ ありんこ

東京都豊島区東池袋1-28-1 タクトビル1009号室


公式アメブロ

公式Twitter

もえなび


【編集後記】

今回はリフレ店の店長さん同士の対談という、当サイトで初の企画を行いました。

リフレ店の店長さんは、普段どのようなことを考えてお店を営業しているのか?

本音を知ることができる、貴重な機会であると思います!

当記事を読んでありんこどりーむたいむに遊びに行きたくなったお客さんや、入店してみたくなった女の子がいたら、ぜひ店長さんに…

対談記事、読みましたよ!

と言ってみてください!!

ありんこ店長さんどりーむたいむ店長さん、今回はご協力いただきましてありがとうございました!!


以上になります。
今後ともよろしくお願いします!

リフレ店の一覧表はこちら!

リフレ体験レポート一覧はこちら!

リフレ嬢自己紹介一覧はこちら!

※当サイトでは、読者様による体験レポートの寄稿も歓迎しております!
興味のある方はTwitter経由でご連絡いただければと思います。

みんなで癒やされ隊!
Twitterのフォローもよろしくお願いします(`・ω・´)
https://twitter.com/iyasaretai2

(サイトのトップページに戻る)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です