【大阪リフレ特集】大阪のリフレ店を12店舗廻ってきたからリフレ事情を説明しまーす\(‘Д’)/ンバッ!

はい、みなさんご無沙汰しております!

久しぶりに記事を更新します。

2017年になり、大阪のリフレ店が増えていますので…

大阪に行って実地調査をしてきましたw

大阪のリフレ店を12店舗廻ってきましたので、大阪のリフレ事情を簡単に紹介しようと思います!

大阪以外の皆さんも、これで事情通になれる…かもしれませんよw

それではまいりましょう。


【概要】

2017年。大阪のリフレ店が急増している情報は東京にまで届いています。そこで癒やされ隊の中の人が大阪に行って実地調査に行ってきましたw

と、いうことで、今回の記事では実地調査結果を踏まえて、大阪のリフレ事情をお届けします!

本当は大阪のリフレ店を全店制覇したかったんですけどね…

店舗数が増えすぎて…全店制覇できませんでしたww

お茶を濁すわけではないですが、当記事のトップには道頓堀の写真を使用してみました。でも、飛び込んではいません。

道頓堀に飛び込むのは阪神タイガースが優勝したときだけで良いと思います。(小声)


【大阪のリフレ業界概観】

ではまず、大阪のリフレ業界について概観的に見ていきましょう。

大阪のリフレ店は、主に日本橋・なんばエリア、梅田エリアの2つに集中しています。

日本橋はオタロードとよばれるエリアに多くの店舗型リフレ店が営業しており、東京でいう秋葉原のような街並みとなっています。新大阪駅から地下鉄御堂筋線でなんば駅まで行き、徒歩数分で到着します。

ドラクエローソンがあったりする点も、秋葉原とそっくりですww

一方、日本橋・なんばエリアの派遣型リフレ店は、オタロードから少し離れた、道頓堀方面を拠点として営業している店舗が多いです。こちらの最寄りは地下鉄日本橋駅です。近鉄線も通っていますので、奈良・名古屋方面からのアクセスも良好です。

梅田は兎我野町(とがのちょう)と呼ばれるエリアに派遣型リフレ店がいくつか営業しています。最寄りは東梅田駅。泉の広場とよばれる待ち合わせ場所から地上に出ましょう。

このあたり、リフレ業界に詳しい方には、釈迦に説法かもしれませんがw

日本橋・なんばエリア、梅田エリアともに、新幹線からの交通アクセスが良好ですから、遠征組の皆さんも是非足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

さて、大阪のリフレ店の特徴を、東京のリフレ店との比較も織り交ぜつつ、簡単に説明していきたいと思います。


【特徴1 派遣型リフレ店が急増】

もともと大阪は店舗型リフレ店が主流であり、2016年秋頃まで派遣型リフレ店は数少ない存在でした。

オタロード周辺では風営法の届出が出せないこと、安いレンタルルーム・ホテルが近くに無いことが要因であったようです。

そんな中、2016年末にオープンしたぷれしゃすが火付け役となり、2017年に入ってから派遣型リフレ店が急増!ブームが到来しています!

実際は、東京都心よりもホテルのお値段はリーズナブルですので、池袋や秋葉原でレンタルルームを使用する料金で日本橋や兎我野町のホテルが利用できます。


【特徴2 正規オプションの設定が少ない】

東京では添い寝やハグ等はお店の正規オプションとして設定されていることが多いのに対し、大阪では添い寝・ハグ等はお店の正規オプションとして細かく設定されていないことが多いです。

つまり、女の子もお客さんもコース料金内で楽しむことを前提としています。まあ、裏オプションは話が別ですがw(小声)

女の子次第ですけど、コース料金内で添い寝やハグが可能なことが多いため、大阪の女の子たちはおもてなしの心が強いとよくいわれます。「オプション何したいですか?」という交渉が省略できますのでね。

「東京から来ました!」と言うと「ようこそ!!」とウェルカムしてもらえるかもしれませんよww


【特徴3 東京よりお値段が安め】

先ほど書いた話とも重なりますが、東京と大阪で同じ遊び方をした場合には、たいてい大阪の方が総額が安くなります。

東京はたいていオプション積み上げ型ですのでね。オプションし放題を入れると高くつきます。

あとは関東と関西のお客さんの気質の違いも大いに影響しているでしょうね。

東京では、お気に入りの女の子には高いお金を支払うことをいとわない!というタイプのお客さんもいますのでね。なんというか、

江戸っ子は宵越しの金は持たねえんですよw

一方、大阪では、お値段以上の満足感を大切にする人が多いのですよね。

「この店めっちゃ安いやん!また行こw」みたいなw

関西人に高値を吹っかけてはいけないのです。商売の鉄則です。

大阪に住んでいる女の子がたまに新幹線に乗って東京のリフレ店に稼ぎに来たりしますが、そういった事情も関係していそうです。

えっ、

裏オプの金額は東京と大阪でどう違うか、知りたいですか?

ここまで読んでいただいた皆さんのお察しの通りじゃないでしょうか?(意味深)


【特徴4 JKの要素が少ない】

東京ではJKビジネスに関する条例が2017年7月に施行され、リフレ業界に大きな影響をもたらしました。

一方で大阪では、あまりJKを前面に出すリフレ店は多くない傾向が見受けられます。

店舗型リフレ店の多くは、あくまで多数あるコスプレの一種としてJKの制服もあるという位置づけになっています。メイド服があり、水着もあり、制服もある…みたいな。

派遣型リフレ店も、コスプレを指定しないと私服で接客するケースが多い印象を受けました。

東京ではJKビジネス色の強いリフレ店ですが、大阪ではどちらかというと…

店舗型:彼女の家に遊びに行く

派遣型:彼女と2人でお出かけする

といった体験をするイメージでしょうか。

JKと遊ぶという演出よりも、恋人同士の空間を演出している店舗が多いように思いました。

なんかね、大阪のリフレ店に行くと心があたたかくなるんですよ。

ほわほわー

さて、大阪のリフレ業界について、ざっと見てきました。

最近は関東や東海から大阪に遊びに来るお客さんも増えているという話を、複数の店長さんから耳にしました。

大阪のリフレはアツい\(‘Д’)/ンバッ!

ということで、今回お世話になった大阪のリフレ店を順にご紹介していきます!


【店舗情報1】
派遣型美少女リフレ ぷれしゃす 日本橋店

※無店舗型のため、住所なし

公式サイト

公式ブログ

公式Twitter

もえなび

※営業時間、コース料金、オプション等、不明点はお店にお問い合わせください。お店の電話番号は公式サイト等に掲載されています。(以下同様)

大阪の派遣型リフレ店のブームに火をつけた、業界の最先端を走るリフレ店です!

東京から遊びに来るお客さんもいるほど。

路上待ち合わせ形式をとっています。

待ち合わせ場所へのアクセスはこちらをご参照ください

なお、金曜日はちょっとお値段が安いですw


【店舗情報2】
美少女リフレみるく

大阪府大阪市中央区難波千日前6-5 音楽ビル601


公式アメブロ

公式Twitter

もえなび

日本橋で隠れ家的に営業している店舗型リフレ店です。

3部屋と比較的小規模ながら、あたたかい雰囲気が魅力の健全店であり、多くのリピーターさんが訪れている結果、よく満室になります。

あと、みるくの店長さんは大阪でもトップクラスにフレンドリーな方だと思います!東京のリフレ事情にも詳しい方ですよ。

この看板が目印。


【店舗情報3】
日本橋リフレ☆LDK☆(エルディケイ)

(受付)大阪府大阪市中央区千日前1-5-6 マルイビル


公式サイト

公式アメブロ

公式Twitter

もえなび

最近勢いのある、日本橋の派遣型リフレ店です。

在籍数・出勤数ともに多く、当サイトでも何回か女の子の紹介記事を掲載してきた店舗になります。

こちらは派遣型リフレ店ですが受付が設置されており、店員さんと対面して料金支払等を行うことができます。


【店舗情報4】
難波リフレ P君とJK

(受付)大阪府大阪市中央区難波2-3-1 アザミ難波ビル3F


公式サイト

公式ブログ

公式Twitter

もえなび

なんばの派遣型リフレ店です。

こちらも在籍数・出勤数ともに多く、勢いのある店舗になります。

LDKの系列店であり、LDK同様、受付が設置されています。


【店舗情報5】
らぶめいど

※無店舗型のため、住所なし

公式アメブロ

公式Twitter

もえなび

梅田・兎我野町エリアの派遣型リフレ店になります。

受付は設置されておらず、路上待ち合わせ形式となります。

派遣型のメイドリフレという珍しい店舗であり、コスプレを指定しない場合は女の子がメイド服に着替えて接客します。

料金も格安ですよ?オープニングイベントを利用した結果、なんと75分コースでホテル代込み6,000円でしたからねwwww

ここは穴場ですよ…安すぎる…(゚Д゚)


【店舗情報6】
添い寝リフレ くろみん

(受付)大阪府大阪市北区兎我野町10-13 三経37ビル3F


公式アメブロ

公式Twitter

もえなび

梅田・兎我野町エリアの派遣型リフレ店になります。

2017/8にオープンした、新進気鋭の存在です!

十三に系列店こあっくまが営業していますので、そちらも注目しましょう。

そういえば、癒やされ隊の中の人がおじゃました際は、廊下の蛍光灯が切れていましたw(小声)


【店舗情報7】
梅田リフレ Kyun×Kyun (きゅんきゅん)

(受付)大阪府大阪市北区兎我野町10-15 大阪屋58番館ビル504号室


公式サイト

公式アメブロ

公式Twitter

もえなび

梅田・兎我野町エリアの派遣型リフレ店になります。

Twitterの交流が活発な女の子が多く、賑やかな店舗です。

特筆すべきは、受付と同じビルでレンタルルームが営業しているため、移動によるタイムロスがほとんどなく遊べる点です。

受付から女の子と2人でレンタルルームの受付に向かいます。

派遣型リフレ店でありながら、限りなく店舗型リフレ店に近いといえるでしょう!


【店舗情報8】
リフレ18 エイティーン

(待ち合わせ場所)大阪府大阪市北区曾根崎1-8周辺


公式サイト

公式ブログ

公式Twitter

もえなび

梅田・兎我野町エリアの派遣型リフレ店になります。

こちらは路上待ち合わせも可能ですし、お客さんが先にホテルに入っておくことも可能です。

秘密の1番搾りコースがあるのが特徴。なんでしょうね?(小声)


【店舗情報9】
オタロード 萌処 しぇるむ

大阪府大阪市浪速区日本橋1-5-7付近
(具体的な場所はお店に直接お問い合わせください。なお、2016年末に引っ越しました。)

公式アメブロ

公式Twitter

もえなび

日本橋で営業している店舗型リフレ店です。

フレンドリーで遊び心があってノリの良い女の子が多く、予約完売になることも珍しくない超絶人気店です\(‘Д’)/ンバッ!

また、個室ごとに内装が異なる点が大きな特徴といえるでしょう。

…手錠?\(‘Д’)/ンバッ!

癒やされ隊の中の人は、そっち系が好きですので…しぇるむ店長さんもよくわかっていらっしゃる…(小声)


【店舗情報10】
Puru♥ ~ぷる~

大阪府大阪市浪速区日本橋3丁目 オタロード近く
(具体的な場所はお店に直接お問い合わせください。)

公式アメブロ

公式Twitter

もえなび

日本橋で営業している店舗型リフレ店です。

女性店長さんが受付業務をされており、こちらも人気リフレ店となっています。

セクシー系の女の子が多いような気もしますね…?

何やら楽しんできちゃったようですwぷるぷるって何やろね?(意味深)


【店舗情報11】
Suger (シュガー)

大阪府大阪市浪速区日本橋3丁目 オタロード近く
(具体的な場所はお店に直接お問い合わせください。)

公式Twitter

もえなび

日本橋で営業している店舗型リフレ店です。

こちらも女性店長さんが受付業務をされています。

アットホームなお店であり、ぬいぐるみがたくさんあったりして、文字通り彼女のおうちに遊びに来たような雰囲気を感じます\(‘Д’)/ンバッ!


【店舗情報12】
萌えリフレ ~☆しゃんぐりら☆~

大阪府大阪市浪速区難波中2-5-15 シティライフ難波2F


公式アメブロ

公式Twitter

もえなび

日本橋で営業している店舗型リフレ店です。

日本橋エリアでも屈指の人気店であり、休日は早い時間帯に予約完売になったりします。

この看板が目印。個室に綿棒があるため、耳かき好きには嬉しい配慮ですw

以上、12店舗を紹介しました!

たいへんお世話になりました\(‘Д’)/ンバッ!

店舗紹介や体験談、女の子紹介記事などは今後書いていきますので、引き続きお楽しみに!

大阪以外の読者の皆さんも、大阪のリフレ店に注目してみるといいんじゃないでしょうか!!!


【おわりに】

大阪の皆さん、どうもありがとうございました!!

関西弁の女の子萌え\(‘Д’)/ンバッ!


以上になります。
今後ともよろしくお願いします!

リフレ店の一覧表はこちら!

リフレ体験レポート一覧はこちら!

リフレ嬢自己紹介一覧はこちら!

みんなで癒やされ隊!
Twitterのフォローもよろしくお願いします(`・ω・´)
https://twitter.com/iyasaretai2

(サイトのトップページに戻る)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です