【新大阪女子高校】摘発により閉店。女子高生が性的サービスをした疑い

JK店がまた1つ、閉店しました。

新大阪女子高校が摘発されて、店長さんが逮捕されました。


以下、ニュース記事を引用します。

女子高校生らに接待などをさせる「JKビジネス店」で男性客を相手にわいせつな行為をさせたとして、大阪府警は7日、風俗店経営、川井明人容疑者(57)(中略)ら2人を児童福祉法違反=児童に淫行(いんこう)させる行為=などの疑いで逮捕した。

逮捕容疑は6月、大阪市東淀川区西淡路1の賃貸マンションで、JKビジネス店「学生カウンセラーによるアンチエイジング 新大阪女子高校」を経営。兵庫県の高校2年の少女(17)を客の男性会社員(40)に引き合わせ、個室でわいせつな行為をさせた、などとしている。いずれも容疑を否認している。

府警少年課によると、店はマンションの11室を使用。インターネットを通じて川井容疑者が集めた16~19歳の少女が少なくとも9人在籍し、30分6000円などの料金で「女子高校生によるカウンセリングが受けられる」などと宣伝していた。客が少女と交渉して追加料金を払い、性的サービスを受けるシステムがあったという。

(引用終わり)
Source毎日新聞のニュース

注:客が少女と交渉して追加料金を払い、性的サービスを受ける「システム」はないです。


新大阪女子高校は、新大阪駅から徒歩数分の場所にある「ビジネス新大阪」というビルの5階に受付を設置していました。
ビルの5階はワンルームマンションのような個室が多数あり、受付で利用料金を支払うと、マンションの個室で女子高生と2人きりになることができます。


お店の料金体系は以下の通りです。

30分 6,000円
50分 9,000円
延長20分 3,000円
指名料 1,000円

連続割 △1,000円(1日に2人以上の女の子と会った場合、2人目以降の利用料金が1,000円引きになるサービスです。)


女の子の在籍数は数十人、1日あたりの出勤人数は10人程度でした。

女の子は女子高生風の制服姿で接客しますが、ホンモノの現役JKだけでなく、高校卒業済みの女の子も相当程度混ざっていたとされています。

純粋なアンダー店ではなく、アンダーとオーバーが混在しているお店であったといえるでしょう。

※「アンダー」⇒18歳未満の女の子、「オーバー」⇒18歳以上の女の子

表向きは「学生カウンセラーによるアンチエイジング」と称して、悩みをきく(会話のみ)というサービスとなっていました。

ところが、ワンルームマンションの一室に女の子と2人きりになれますから、性的サービスの交渉を行おうと思えば行うことも可能な仕組みになっていました。

お話だけしかしない女の子もいれば、お金さえ支払えば何でもアリという女の子もいたと言われています。

近隣に競合店がないことから、お店の利用料金も高額であり、さらには女の子の「サービス」の価格相場も相当に高額であったと言われています。いわゆる「裏オプション」ですね。

なお、以前は「女子高ナウ!」という名前のお店でしたが、お店のシステムは同じでした。

なぜ潰れずに何年も営業を続けられたのか、不思議なお店でした。

JKコミュの時代は、もう終わりを迎えました。


【店舗情報】

新大阪女子高校(旧:女子高ナウ!)

大阪府大阪市東淀川区西淡路1-1-9
ビジネス新大阪503号

※追記:2016年10月より女子高ナウという名前で、営業形態を一部変更して営業再開することになりました。


以上になります。

今後ともよろしくお願いします!

リフレ店の一覧表はこちら!

みんなで癒やされ隊!
Twitterのフォローもよろしくお願いします(`・ω・´)
https://twitter.com/iyasaretai2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です